China

中 国

 

  1994年秋(平成6年)、中国旅行の機会を得た。(ある団体の研修ツアー) 

 

                                                                                       

 

名古屋港からの船旅10日間。

和歌山沖から瀬戸内海を経て中国へのクルーズ

 

見送りの人々

 

 

 

名古屋港から、翌朝天津港に接岸、

子供たちが盛大に歓迎してくれた。

 

歓迎!歓迎!

ホアンエイ!ホアンエイ!学童たちの歓迎

天津港

 

 

 

我々の根城

 

紫 禁 城 に感嘆

ペキン (北京) 市にある明,清代の宮殿。「紫禁」とは北斗星の北に位置する紫禁星が,天帝の居所とされることに由来する呼称。 正式名称は故宮博物院

 

明の永楽帝が15年の歳月と数十万人の労働力を動員して1420年に完成させた皇帝の居城。一度大破壊をこうむったあと清がほぼその規模を受けついで復興し今日に至っている。大きさは南北960m、東西760m。この中に9000近くの部屋があり、明の時代には9000人の宮女、宦官10万人がいたといわれます。

 

 

 

 

 

中国皇帝の象徴、龍の彫刻。

 

太和殿の前後にみごとな一枚ものの彫刻。