地中海クルーズ

 

 

IW君のインド旅行と相前後して、僕はIW君の旅行とは両極端と云えばいえる旅に出た。 

地中海を西から東へ通り抜けエーゲ海に至る人気のクルーズだ。歳相応に身体に問題を抱え、

故あっての選択ではあるが、旅の本質、異質な空間に自分を置くという点ではIW君のとは

大差のない体験だ。                        

 

 

 

 

船名:Ruby Princess.113,561t  全長:289m 船会社:Princess Cruises Line

乗組員:1,189人  収容乗客:3,094人

船客: アメリカ人 1,965人 カナダ人 509人

    イギリス人   338人

     オーストラリア人  49人  日本人  29人 

     その他アジア人  40人      

 地中海クルーズ02 2009/09/25 スペイン バルセ ロナ着

 
成田空港から乗り継ぎをいれ約17時間あまり長い! 午後の乗船前にガウデイのサグラダファミリア教会

のツアーに行く。
船への乗船は添乗員の女性が全てを手配してくれているのでスムーズに乗り込んだ。
トランク手荷物は旅行会社が自宅に引き取りに来てくれるのでほとんど手間をかけずに10階のキャビン

のドア前に届いていた。
26㎡の船室はビジネス・ホテルのツインに似ていてバルコニーも付いているので

12日間過ごすには狭くもなく快適そうである。 手荷物・衣類は部屋にある無数のハンガー・タンス

などに一気に放り込み、これで12日間は荷物について手間要らずとなる。
 
早速部屋のスチュワードが挨拶にやって来た。

フリッピン人の若い男性で1日2回清掃とベットメーキングで部屋に入るとの事。
彼らへのチップは日本人の場合、旅行会社から船客一人につき@¥1000/日が支払われていので

不慣れなチップに心を惑わされることなくただ「サンキュウー」と言っていれば済んでしまう。大変楽だ。


夕食は「ミケランジェロ」と云うレストランが12日間ファースト・シーテイング(午後6:00)で予約されており、

全て日本人ばかりが同じテーブルに着くようになっている。
人にも寄るが大抵の日本人は大勢の外国人と同席して食事をするのは苦手のようで、これは旅行会社があえて

リザーブを予めして置いたようだ。 今回の日本人の同行者は4組の夫婦と一人旅の女性で9人である。

 

 地中海クルーズ 03.  モナコ 2009/09/26

朝起きると船はもうモナコ港に接岸していた。

周りには高級クルーザー、ヨットがところ狭ましと並んでいる。        
この船の船客は殆どが英語圏の人で90%以上占めている。

そのため船内は完全に英語の世界である。


通貨もUS$オンリーである。乗り組む時にクルーズカードを呉れるのでキャビンへの出入りのカギ、

買い物、船への出入りはすべてこのカードが代行してくれるので便利だ。

モナコ観光へ添乗員の案内で出掛ける。ここには世界中のお金持ちが住んだり、滞在したりしている所なので、人口当たりの警備員の数は日本の数倍で、治安は非常に良いそうだ。

 

 地中海クルーズ 04  2009/09/27  イタリア リボルノ港に接岸。


TB[0]
  CO[0] 

船の案内には推進力はデイゼル発電機と書いてあり、昔の船のようにレシプロ・エンジンではなく電気モータで動いているようだ。そのせいか全く振動を感じない。

いつ出港し、停泊したのか部屋に居ては全然わからない。

まるで日本のシテイ・ホテルに滞在しているのと感覚的には同じだ。

リボルノ港からは フイレンツエ へのオプション旅行が組まれていて、船会社が計画するものと

日本の旅行会社が専用のオプシヨン旅行バスを仕立てるものがある。


,000人からの船客が船から出たり入ったりするので、Gatewayも何か所かありオプション旅行

の数も無数にある。
バスが岸壁に数十台並ぶ。 我々(ワイフと一緒)はフイレンツエはすでに行っているので、

今回は トスカーナ田園地帯を巡る外国人のバスにもぐり込んだ。途中トスカーナ渓谷 の大変美しい

農家風レストランで食事をとる。
たまたま一緒に座ったアメリカ人RAY夫妻と知り会いメールアドレスを交換する。いずれ日本に来るそうだ。

 

 地中海クルーズ 05    チビタベッキア 2009/09/28   チビタベッキア港 接岸。


殆どの船客はローマ観光に出かける。我々はこれもパスし港周辺をのんびり散策する積りでいた。 
船のランドリーで若い飛びきりの美人女性に声を掛けられた。

日本人であるらしくニューカレドニアに住んでおり、フランスのソルボンヌ大を出てフランス系の会社で働いている女性であり、話が弾んで一緒に港近くにある日本人殉教者教会がある所辺 を 一緒に散歩することになった。

 

彼女はフランス人9人の仲間と乗船しているが、たまたま船旅の費用の話になり、彼女等は船会社にインターネットで直接乗船

申 し 込みをし、ニューカレドニアからの費用もいれて我々の1/4位の費用で乗り込んでいるとの事。 
我々の費用をフランス人の仲間に話すと、だから日本人は金持ちなのだとまた言われると杞憂していた。

 

地中海クルーズ 06 青ノ洞窟 2009/09/29   ナポリ接岸

 さすがイタリアは世界的な観光地であり、イタリア中が観光地になっている。

我々は船で カプリ島 に出掛ける。海も穏やかで有名な「青の洞窟」に入る事が出来た。

洞窟内の 「青の色彩」には思わず見とれてしまう。この世にこんなきれいな色があるのかと思える程だ。 

 

 

日本人の同行者は 

福岡から来た大学の教授夫妻・大阪の眼科医夫妻・北海道の定年退職した夫婦・それに大阪のIT関係の会社を経営している一人旅の女性の9人であるが、それぞれがこの船旅への思いがあるようである。

15
日間も一緒に行動するので、家族・仕事・そのた旅行の話などが色々聞ける。

大阪の眼科医さん夫婦は最初のクルーズ旅行でクルーズにはまってしまい、今回が4回目の船旅だそうだ。

その他の人は初めてのクルーズのようだ。

 

地中海クルーズ 07 ミコノス島ヘ      2009/09/30

 

エーゲ海のミコノス島 に向かう終日クルーズの日である。この日は乗船前に一番頭を悩ました夕食と

その後の ドレス・コードがフォーマル1回目の日である。
ドレス・コード フォーマルなるものはあくまで欧米文化圏の習慣で我々にはさっぱり見当がつかない

種類のものである。
あれこれデパートや知り合いに尋ねたりしたが、専門店などはこの時ばかりと女性には高価な衣装を

勧めるので、うっかり買うととんだ出費になってしまう。

結論的にはそんなたいした衣装は要らないのであるが、船には一番高級な

ラグジュアリー船(クイーン・メリーetc)と我々が選んだ中間のプレミアム船、あとは気楽な

カジュアル船があるようで、プレミアム船の場合はやはり男はタキシード、女性はロングドレスの着用

が一般的である。

最初は日本人が良く使う喪服で駄目かと考えたがタキシードとは全然異なり馬鹿な事を考えたものだと思った。しかし実際には男はダーク・スーツつまりサラリーマン時代の制服でよく、女性はやや高級レストランへ行く位の衣装で充分である。

欧米のパーテイー慣れした人々はさすがにぴっちり着こなしているが大体30%くらいである。

 

地中海クルーズ 08 ミコノス島  2009/10/01  ミコノス島 に上陸。

白い家ばかりが有るエーゲ海の特徴ある島のひとつである。
船の旅の一番良い所は船内では、高級レストラン、寿司バー、カフエ、窯焼きピザ、ケーキなど何処で何を食べても無料である点である。
おまけにご婦人方にとっては、朝起きて寝るまで、食事の用意、掃除、後片付け、洗濯など家事を一切せず、夜遅くまで、バーやクラブ、ミュージカル・ショウなどで遊び歩いて居られ、電車や車で帰宅する必要もなく整頓されたベットにすぐ横になれる点は最高なのであろう。日本へ帰ってからレストランで食事をしたあと、お金を払わず出てきてしまったと云う話があるくらいである。

  

地中海クルーズ 09 イスタンブール港  2009/10/02      トルコ、イスタンブール入港

このクルーズで一番良い眺めはイスタンブールへの入港風景とこの後でのベネチア入港風景だそうだ。

船は朝8:00に入るので其々部屋やデッキからこの風景を眺めることになる。

 

我々は10階に居るのでバルコニーから見下ろすような位置でイスタンブールの 

トプカク宮殿、ブルーモスク、アヤソフィア宮殿などの尖塔が目の前に広がってくる

景観を眺める。素晴らしいものである。

 

 

 

 

地中海クルーズ 10 トルコ、クサダシ 2009/10/03

 

クサダシ(トルコ、エフェソス) 昔の神殿が発掘され、最近クレオパトラの妹の墓がここにあるらしいと

テレビで言っていた所だ。
船の一番上のデッキにはプールが4ケ所、ジャグジー、パターゴルフ、テニス・コートやカフエなどが何か所もあり、欧米人は一日中デッキで肌を焼いている人がいっぱいいる。習慣の違いかアジア人、

特に日本人はサンデッキに寝転んでいる人はまず居ない。

それでも潮風に吹かれてデッキの上で過ごすのは気持ちのいいものだ。 

 

地中海クルーズ 11 アクロポリス 2009/10/04   アテネ (ギリシャ)アクロポリス、アテネ市内を観光

船旅での朝、および昼は 大抵最上階のビュッフェで好きなものを選んで食べられる。ビュッフェは4ケ所もあり、何処に入っても良く ありとあらゆる料理が並べてある中から値段を気にせずに何でも選べる。

分厚いステーキでも、手の込んで西洋料理的なものから、アジアン・テイストのものまで何でもお好みの食事が出来る。

勿論正式なレストランの方に行けば、ボーイがメニューを持ってやってくる。この船はアメリカ船籍であるがシェフ、料理はイタリア人が取り仕切っているのでイタリア的な料理が主流である。

特に面白いのは寿司バーがある事である、日本人の乗船客比率は数パーセントなどで、

勿論日本食などは彼らには全然頭に無いのは当然としても、なぜか寿司バーが中央の上階広場に設けてある。  

早速行ってみたが確かに寿司職人の格好をしたフイリッピン人がカウンターの前におり、寿司を注文するとなんか変な皿が出てくる、ねたは まぐろ、白身の魚、ブリなどがあり、まあまあであるが、寿司飯がだめで、

まるでお餅の上に魚を乗せたようなものである。

そのフイリッピン人に日本に来たことがあるか尋ねてみたら「NO!」と言っていた。

さもありなんにぎりだった。

地中海クルーズ 12、 ベネティアヘ 2009/10/05     ベネチアへ向かう終日航海日

 

船の中には大きな劇場があり、毎日アメリカのミュージカル・ショウや色々な催しものをやっており、そのミュージカルのレベルはブロードウエイでオーデイションをしているというだけあって、本場ものを観るような質の高いものである。
その他ナイト・クラブやデッキ・パーテイ、ピアノ・バーからカジノ、中央広場での催しものが常時行われており、我々は食事がファースト・シーテイングの6時の為、本格的にバーやクラブ、甲板でのパーテイがはじまる夜11時ごろまではショウを観たり、
カフエに行ったり、うろうろしなければならない。我々とは時間軸が違う世界が夜2時ころまで毎晩続くようだ。

 

地中海クルーズ 13、ベネティア 2009/10/06  ベネチア 入港。

 

 

 

 聞きしに勝る入港風景である。教会の鐘が響き渡るなか、船は静かにサンマルコ広場を見下ろしながら入港した。

これは船旅ならではの景観である。ここで下船だが、船旅の面白さも充分堪能できた。 

 15日間余りに及ぶ旅で体力が持つかと言う心配が有ったがこれも杞憂に終わった。

また機会が有ったらもっと費用を節約できる方法で来たいと思う。

本当はIW君のBackpack旅行にとても興味があるが、残念ながら彼のまねは出来ない。

こんど生まれ変わるとしたら神様に体力だけは充分下さいとお願いしておこう。